給湯器の水道修理を依頼する時期

設備に問題があるときには、修理が必要です。給湯器の場合にも同様ですが、水道修理をしているところに依頼しても、直せないケースが出てきます。物理的に不可能なケースがあることも理解しておかなければいけません。

■パーツの供給の限界

給湯器に問題が出たとき、水道修理の専門業者などが担当してくれます。パーツがあれば、交換して直せますが、どうしても手に入らない場合には、給湯器 修理ができません。メーカーでは、生産開始以降も部品だけを生産していきます。これを使って修理しますが、生産開始から10年程度経つと作らなくなるのが問題です。やがて部品も手に入らなくなり、修理はできなくなるからです。

■交換も考える

部品が手に入らなくなれば、もう修理はできないため、給湯器本体の交換も必要です。生産開始から10年を目安にして、設置から7年程度過ぎたあたりから、交換も考えておいた方が良いでしょう。汎用的な部品であれば代替えも効きますが、問題はそれだけではありません。故障しはじめると、いろいろな部分で発生する可能性が出てきます。部品の耐用度は、どれも同じように設計されているからです。次々にトラブルが出てくる前に交換しておけば、費用も抑えられます。

■まとめ
給湯器の交換サイクルは、長くても15年程度です。屋外に設置される場合が多く、傷みも激しいです。水漏れも頻繁に起こすようになるため、頻繁に修理が必要になることもあります。使いたいときに使えない状態も出るため、早めの交換を考えておいた方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ