水道の水漏れ以上に危険もある給湯器の修理

お湯を使うためには、どこかで温めてからの供給が必要です。給湯器が一般化したのも、それだけ便利だからですが、メンテナンスフリーなわけではありません。トラブルとして、お湯の温度が上がらない、お湯自体が出てこない場合もあります。水漏れを起こしてしまうときもあるので、異常を感じたら修理が必要です。

■危険もある給湯器の修理

給湯器 水漏れは、大きな問題を抱えます。単純に水道から供給した水が漏れているだけではないからです。給湯器には、必ず水を温める構造があります。ガスを使うものもありますし、電気を使ったものも出てきました。灯油を使うタイプもあり、どれも水を温められます。こうした構造は複雑で、危険も伴うため、水が漏れているからといって素人が直せない場合がほとんどです。


■専門業者に依頼する

ガスや電気の場合、目には見えません。ガスには色がありませんし、電気は流れているかどうかも見た目で判別できないのが問題です。そのため、自己判断で修理をすれば危険を伴います。ガスが引火するような危険も考えられますし、電気で感電するケースもゼロではありません。水漏れを発見したときには、水道の元栓を閉めて専門業者に修理を依頼した方が良いでしょう。



■まとめ
給湯器の水漏れは、見た目ですぐにわかります。定期的に見て回ることで、早期発見もできるトラブルです。耐用年数はだいたい7年程度になるため、期間がきたら修理以外にも交換を考えておくと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ