水道の中でも修理が簡単な蛇口

水道のトラブルの中で、どこの家庭でも数多く発生するのが蛇口周りです。構造だけをみればそこまで複雑ではないものの、細かな部品で構成されていて、摩耗すると水漏れを起こします。パッキンも劣化すれば水漏れを起こすため、定期的な修理が必要です。

■部品はホームセンターでも手に入る

水道があれば、形状は色々とありますが蛇口が取り付けてあるものです。そして、使用頻度が高いからこそ、トラブルも頻繁に起きます。
蛇口は水をせき止める役割を持っていて、圧力にも耐えているパーツです。修理するときには、元栓を締めて水が流れてこないようにしてから始めなければいけません。摩耗する部品としては、パッキンやコマがありますが、ホームセンターで簡単に手に入るようになりました。自分で用意しておけば、交換もそこまで難しくはありません。

■構造が複雑なものもある

蛇口の種類によっても、修理の方法は変わってきます。ワンレバー混合水栓になると、センサーが取り付けられていて、構造が複雑な場合もあるからです。パッキンの位置などにも違いがあるため、簡単に取り外せないことも出てきます。蛇口 交換するときにも特殊な形状の場合には、専門の業者に依頼して施工してもらうのが確実な選択になります。



■まとめ
蛇口は確実に使えることが大切です。水を止めなければいけませんし、必要なときに出なければ意味がありません。素人でも交換できる部分もありますが、少しでも不安が残るときには、業者に依頼して交換する方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ