水道修理を依頼する前に被害を抑える

生活環境の中にある設備は、問題なく使えるのが一番ですが、壊れてしまいトラブルを起こすこともあります。水道を使う水回りでも同じです。トラブルは修理が必要なときも出てきますが、中には大規模な工事が必要になる場合も出てきます。素人ではできないこともありますので、判断を誤らないことが大切です。

■元栓を閉めて被害を抑える

水道のトラブルは応急処置をすることで被害も抑えられます。まず必要なのは元栓を締めることです。水の流れを止めて被害を抑える必要があるため、トラブルを見つけた段階で閉めてしまうのが一番です。
水漏れしている箇所には、それ以上流れないようにバケツを置きます。さらに、バケツの下にビニールシートを敷けばさらに確実に被害を抑えられます。配管などが原因の場合には、漏れてきている場所にタオルをきつく巻きます。普段使っているタオルを巻くだけでも効果は大きいです。

■道具も用意

自分で水道 修理をするときにも使えますが、日常的に道具は用意しておくといいでしょう。バケツをはじめ、ビニールシートは必須です。場所も取りませんので、バケツの中に入れておけばすぐに取り出せます。また、汚水を処理しなければいけない事態も想定して、トイレ掃除用のゴム手袋を用意しておくのもおすすめです。さらに、水漏れ用の補修テープがあれば、応急措置として使えます。

■まとめ
水のトラブルは、どこの家庭でも起きる可能性があります。対処方法を覚えておけば、業者に依頼する場合でも焦らずに済むでしょう。道具も日常的に使えるものばかりですので、セットで用意しておけば安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ